家電製品アドバイザーとは

家電製品アドバイザーは、家電製品の流通過程でに販売や営業を行っている方、家電量販店などで、消費者の相談に対して適切なアドバイスを行う方のための資格です。
消費者のニーズに合った家電製品をアドバイスし、適切な使い方や故障なのかどうか、また、廃棄方法などの説明をする知識や技能があるかどうかが問われます。
家電製品アドバイザーには、「AV情報家電」と「生活家電」の2種類あります。
両方の資格を持っていれば「総合アドバイザー」を名乗ることができます。
当サイトでは、家電製品アドバイザーの資格取得に役立つ情報を発信しています。

スポンサードリンク

家電製品アドバイザーの試験問題

家電製品アドバイザーの試験問題は、試験が終わった後、持ち帰ることが出来るので、過去の正確な家電製品アドバイザーの試験問題を入手することができます。

試験の項目はアドバイザー(AV情報家電)試験とアドバイザー(生活家電)試験に分けられます。

科目はAV情報家電の「商品知識・取扱」、生活家電の「商品知識・取扱」と「CS・法規」となっています。

アドバイザー(AV情報家電)試験では、「商品知識・取扱」と「CS・法規」について各20問で200点満点の70%の140点取らなければなりません。

アドバイザー(生活家電)試験では、「商品知識・取扱」と「CS・法規」について各20問で200点満点の70%の140点取らなければなりません。

「CS・法規」はどちらも共通の問題です。ちなみにCSとは顧客満足のことを言います。

もし以前にアドバイザー(生活家電)に合格していれば、アドバイザー(AV情報家電)試験では科目別試験で、AV情報家電の「商品知識・取扱」を取ればいいことになりますし、以前にアドバイザー(AV情報家電)試験に合格していれば同じく科目別試験の生活家電の「商品知識・取扱」だけを取ればいいことになります。

家電製品アドバイザー(AV情報家電/生活家電)資格審査基準が、http://www.aeha.or.jp/nintei/sinsa3.html に掲載されています。

また、試験問題の傾向が
http://www.ric.co.jp/rsl/index.html 受講コースの取り上げる商品・ジャンルに載っています。

いずれにしても問題集だけの学習で合格するのは難しく、テキストを購入して勉強する必要があり、まめに家電量販店に足を運び、自分が持っていない家電の使い方や最新の家電製品についての知識を身につける必要があるでしょう。

家電製品アドバイザーの資格は通信講座で

家電製品アドバイザーの資格に関わらず、過去の正確な問題を入手することが大事です。

しかし、そこから出題傾向や重要ポイントを整理してまとめるのは大変です。

問題集を入手して、勉強するのもいいかもしれませんが、何故間違ったか、そしてその問題に関する知識を一人で理解するのは大変です。

通信講座で利用して勉強すれば、テキストで知識を理解し十分を身につけることができます。

その上で試験を受けて、添削してもらい、自分の弱点や、集中的に勉強するところなどが分かります。

孤独ではないという感覚がします。
また、分からないことは質問することができます。

通信教育で勉強する家電製品アドバイザー(総合)のURLは
http://www.jtex.ac.jp/L-99.htm 大体2万円くらいです。

探せばまだあると思います。

通信教育で勉強する家電製品アドバイザー(AV情報家電)のURLは

http://www.jtex.ac.jp/L-95.htm 大体1万8000円くらいです。

通信教育で勉強する家電製品アドバイザー(家電製品)のURLは

http://www.shikaku-tech.jp/course8_2.php 大体1万8000円くらいです。

通信教育で勉強するe-ラーニングなども、試してみてはどうでしょう。

http://www.ric.co.jp/rsl/index.html
http://rop-fd.com/kaden/index.html 

大体1万3000円位です。

家電製品アドバイザー試験の合格基準

家電製品アドバイザー試験の合格基準は

(1)実際に家電製品を販売するに当たっての消費者に対する接客能力を有していること

(2)家電製品の基本的な仕様や、正しい使い方、より便利な使い方、やってはいけないことを分かり易く、要領よく説明できること。

(3)家電製品の設置・接続・セットアップ、調整の方法に関する基本的な知識・技能を有しており、ユーザーに適正なアドバイスを行うこと。

(4)ユーザからの不具合相談に対し、不具合なのか、使い方が不適切なのかの切り分けが行えること。

(5)電気工学に関する基礎知識と電気に関する法規に関する知識を有し、運用まで出来ること。

(6)家電リサイクル法、容器包装リサイクル法を理解し、廃棄する家電製品の受付から処理まで実行できること。

が出来るレベルとしており、家電製品アドバイザー試験の審査基準の内容は、http://www.aeha.or.jp/nintei/sinsa3.html に掲載されていて、出題問題の7割理解できれば、合格とみなされます。

生活家電はAV情報家電では、地上デジタル、DVD/HDDレコーダー なども有る反面、ラジオ受信機などの従来肩の問題もあり、 接続端子など専門的なこともあります。

生活家電は通常の家電に加えて、エコキュート、太陽光発電システム、IHクッキングヒーター、家庭用生ごみ処理機など、最近高まっている温暖化防止やゴミ問題の出題が出ています。

家電製品アドバイザー試験の受験対策

家電製品アドバイザーの試験問題は、試験が終わった後、持ち帰ることが出来るので、過去の正確な家電製品アドバイザーの試験問題集を入手することができます。

家電製品アドバイザー受験対策は色々考えられます、

(1)テキストと問題集を入手して独学で勉強する。

AV情報家電・生活家電のテキスト  
 ●商品知識と取扱い第3版 定価 2,835円(税込)

CS・法規のテキスト   
 ●CSと関連法規第2版 定価 2,205円(税込)
 ●問題集 定価 2,310円(税込)

すべて日本放送出版協会(NHK出版)から購入できます。

大体1万円弱掛かります。試験を受けた方の感想では問題集だけでは駄目で、テキストで勉強することの必要性を感じたそうです。

(2)メルマガで勉強する
メルマの「家電製品アドバイザー資格を取ろう」とメールで毎日前日の回答と今日の問題が出ます。
http://www.melma.com/backnumber_149584/

会員同士の情報交換もあったりして、一人で勉強するよりいいかもしれません。
料金は、ただだと思います。

(3)e−ラーニングで勉強する
http://www.ric.co.jp/rsl/index.html
http://rop-fd.com/kaden/index.html 
大体1万3000円位です。問題集は別に必要かと思います。

(4)通信教育で勉強する。
http://www.jtex.ac.jp/L-99.htm 
大体2万円くらいです。
初心者向けです。知識を学び、力をつけることができます。
添削や質問コーナーもあります。

それ以外にも、メモリなどの問題が出てくるので、自分で家電量販店に行って、勉強するようにしましょう。

家電製品アドバイザーの資格について

家電製品アドバイザーの資格は家電量販店で働く時に武器になると思います。

それは、家電製品アドバイザーの業務は家電量販店などでお客様が商品を選ぶときに、適切な商品選択をアドバイスをしたり使用方法の説明、不使用になった家電の処理方法のアドバイスなど幅広い業務をこなす仕事ことができるからです。

家電製品アドバイザーの資格は就職する時に、有利な資格となります。

電機業界などへ転職や就職を考えている方には、これから、ますます需要が増えていくことが予想される職種の一つと言え、おすすめの資格と言えます。

家電量販店で社員に家電製品アドバイザーを取得させるのは、他の店と差別化が図られ、社員の質が上がり、「家電製品アドバイザー」がいる店とチラシに広告出来ます

また、消費者として家電製品を購入する際に詳しい知識が身につきます。

各法規の知識は自分の身を守るために役立ちます。

そして、自分に必要なものを選ぶのに売れ筋商品を勧める店員さんのアドバイスが正しいかどうか分かります。

また、オークションで家電商品を買う時にも役立ちます。
オール電化光熱費